高精度リング部品の工程短縮・生産効率向上

ISO9001

  • トップページ
  • よくある質問
  • サイトマップ

メールでのお問い合わせ

TEL:0766-63-1263 | FAX:0766-63-2490

富山県高岡市戸出春日786

得意技術事例

薄肉旋削加工を実現する、特殊治具を自社開発!

実現ポイント

①薄肉旋盤加工用の特殊治具を自社開発し、高精度加工を実現②4工程を2工程に短縮

相談内容

相談者 建設機械メーカー
製品名 走行モーターの内歯車用リング部品
内容 薄肉部品の旋盤加工を行う際、加工時に製品の形状が変形してしまう為、精度(真円度)が出ない。また、歯切りのブローチ加工を後工程で行う為、真円度10μm、同軸度15μmが必要。

詳細

相談前

三つ爪のチャックでは、薄肉品を加工する際、チャック圧で製品の形状が変形してしまう。その為、捨て削り(2工程)と本加工(2工程)の4工程で加工していた。

相談後

特殊治具を自社開発し、高精度・工程短縮を実現した。

①特殊治具により高精度な薄肉旋盤加工を実現。

 真円度10μm・同軸度 15μm

②捨て削り工程を短縮し、4工程→2工程へ

実際の製品

高精度なリング部品
材質:SCM440H
サイズ:外径Φ160mm t=9.9mm

特殊治具の更なる効果

①外径Φ400~Φ700の大物部品でも、製品が歪むことなく固定する事が可能。

②外径の大きい製品や、素材が薄い製品でも、スリップすることなく固定が可能。

PAGE TOP